NOVELTY SHOWCASE

サンエース株式会社

サンエース株式会社

NOVELTY.tokyo

サンエース株式会社

ブログ

2022.06.24

リフレコバッグ

2022.06.16

REFLECO BAG

リフレクターケース付きで安全面にも配慮したエコバッグ。車のライトなどの光を反射して、キラリと光り暗い夜道でも安心。ケースのストラップ部分がリフレクター素材になっており安全&便利です。“SDGsの目標3”に貢献する商品です。お子様の通学サブバッグとしてもおすすめです。

※目標3の中に「2030年までに、世界の道路交通事故による死傷者を半減させる。」の項目があります。

News Releaseでの詳細はこちら

▼その他のクリアポーチ

【PITA POUCH

【スタンドクリアーポーチ

2022.06.02

SDGs商品のご紹介 No.2

SDGs × ノベルティグッズ

 

第2回〉

『目標2.飢餓をゼロに』にピックアップした販促品の紹介です。

食品ロスを減らし、SDGsの目標2の達成に寄与しよう

世界の飢餓の原因は、食料生産が追いついていないからではありません。事実、世界中の一人ひとりが十分に食べられるだけの食料が生産されています。しかしその足りているはずの食料のうち、3分の1が食品ロスとなっている現実があります。

先進国では、「作りすぎによる食べ残し」や「賞味期限切れ」など、消費段階で多くの食料が捨てられています。

一方、途上国では収穫段階から食品ロスが生じています。衛生状態が悪く、不十分な保管施設では害虫やカビが発生し、作物が傷んでしまいます。また経済的に貧しい農家は人手や機械が手に入らないため、収穫が間に合わないと作物を腐らすしかありません。収穫物の適切な保存方法や管理技術などを知らない小規模農家の多くは作物を廃棄してしまったり、作物が利益にならず農業従事者自身が食料不足に陥る可能性もあり、これらを解消できたら飢餓を減らすことにも繋がります。

慢性的な貧困、紛争や経済危機と共に食品ロスは飢餓の諸悪の根源となっています。さらに食品ロスは、生産時に使用した水や資源のロスにもなります。

国内初!さとうきび由来のラップ
国内初となる、フィルムに植物(さとうきび)由来のバイオマス原料を使用した、環境に優しいラップです。フィルム本体はバイオマス25%配合、化粧箱にもバイオマスインキ(10%)とFSC認証紙を使用しています。食材をおいしく保存できます。

詰めやすいシンプルデザイン
軽くて丈夫なランチボックス。 自宅からお弁当を持参するだけでも、ごみは減らせます。使いやすいランチボックスで、エコ活動スタート!

大切な資源を守りながら、「水」を持ち歩く時代に。
①いつでもどこでも持ち運べる浄水フィルターボトル
②ミネラル分はそのまま。味やにおいに影響する4項目を除去
③バックに入れても邪魔にならない軽量・コンパクトボトル

ほんの少しでもロスを失くし、健康な生活に寄り添う商品です。

皆さんの意識が「フードロス」に繋がります。

ノベルティ・販促品として、イベントや展示会の記念品としても最適です。ぜひお問い合わせください。

ページトップへ
お問い合わせ
03-3845-5731
受付:10:00〜17:00(土日祝のぞく)